2017-05-19 00:01

Display

【小満】長良川の手しごと・和傘

  

「長良川おんぱく」&「長良川STORY」がお送りする 季節のおたより

─ ───────────────────── ─
─ ── ───────────────── ── ─
─ ──────────── ─

長 良 川 二 十 四 節 気
─ ──────────── ─
─ ──────────────────── ─
─ ── ─────────────────── ── ─
小 満
【しょうまん】
命がしだいに充ち満ちて来る頃。木々も作物も魚や鳥も、生き生きと光を浴びる季節。 

          テーマ          
長良川の手しごと /和傘 
2017年5月21日(日)

 今日、2017年5月21日(日)は暦では「小満」。動物も植物も生命力に満ち溢れる季節です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ミニマガジン「長良川二十四節気」は「長良川おんぱく」事務局スタッフが、長良川の四季の“小さなステキ”を皆さんにお伝えする、年に24通の季節のおたよりです。

「小満」

 生い茂る新緑を吹き抜ける風がさわやかなころ。日中は真夏のような暑さも訪れます。岐阜城がそびえる岐阜市・金華山からは、特に日が暮れてくると「ツブラジイ」の花の香りが町中に匂い立ちます。ツブラジイの黄色い花が山を覆い、夕日に照らされるさまは、まさに金の華の山。青空とのコントラストも色鮮やかです。梅雨を予感させる走り梅雨があるのもこのころ。貴重な晴れ間に、夏支度。自分だけの和傘を手に入れておくのは、いかがですか?

 今回のテーマは「和傘」です。

Pick Up
外国人フォトグラファーが切り取る、和傘職人の世界

≡ 人気写真家 アーウィン・ウォン(Irwin Wong)氏が見た、岐阜和傘の「張り師」

 前号で反響を呼んだ、アーウィンさんの撮る「日本の職人」シリーズ。外国人ならではの新鮮な感性で、前号では鵜匠を職人として新鮮に映し出しました。 実はほかにも岐阜で職人を撮っている彼。今回は、和傘の数ある工程の職人から、紙を張る「張り師」を見つめます。モノづくりに魂をこめる職人はかっこいい。アーウィンさんが職人を撮り続ける理由がわかる気がします。
  ↓ ↓ ↓
写真家アーウィン・ウォンが撮る、岐阜和傘の「張り師」/長良川STORY

Column

クリエイターズ インタビュー

 岐阜の和傘を、若い女性の感覚で未来につなげる。和傘職人 河合幹子さん。

 笑顔が愛らしい、新進和傘職人の河合さん。ひとたび職人として和傘に向き合うと、まっすぐな眼差しが手元の一点に集中します。

 和傘のほぼすべての工程を一人で手掛けることは、分業が当たり前の和傘の世界では大変なこと。だからこそ、紙・竹骨・かがり糸まですべてのバランスを考えた、モダンな作品が生まれます。色が降ってくるような河合さんの和傘に、心が躍ります。

↓ ↓ ↓
クリエイターズ | 和傘職人 河合幹子さん/長良川STORY

Column
長良川デパート 長良川の手しごと
≡ 音・香り・透過光。和傘を持つ人だけが体感する贅沢

 「長良川デパート」スタッフ、まさみんです。先日、鵜飼の初日に舞妓さんとの舟遊びを体験し、長良川と金華山と鵜飼の美しい景色にすっかり癒されました!

 さて、今回のテーマ「岐阜和傘」は、当店の代表商品。雨粒が和紙に落ちる「ポツポツ」という音や、油の香り、竹の風合い、和紙を通り抜ける優しい光など、和傘をさした人だけが味わえる魅力が詰まっています。

 色柄もかわいい蛇の目、機能美の番傘、さわやかな日傘など、豊富な品ぞろえの中から実際に手にとることができる店は、長良川デパートだけなんです!ぜひ、自分だけの一本を探してみてくださいね。

☆長く愛用するための豆知識☆

◯お手入れは、洋傘と同じような頻度で晴れた日に干す程度でOK!使ったあとにちゃんと拭くと、より長持ち。

◯唯一洋傘と違うのは、傘の持ち手をいつも下に向けること(雨水が骨頭に染みるのを防ぐため)

◯雨傘用の和傘を日傘として使うと、和紙に塗られた油が黄ばむのでお勧めできません。

 ポイントを押さえれば、手入れは簡単。道具ですから、洋傘同様にしっかり使い込んでください。飾ったり箱に閉まっておく方が傷みやすいんです。

 和傘を買うと雨の日が楽しみになりますよ♪

  ↓ ↓ ↓
蛇の目和傘(マルト藤沢商店)/長良川デパート オンラインショップ

長良川デパート 湊町店
 〒500-8009 岐阜市湊町45(ぎふ長良川鵜飼 乗船場すぐ)
 営10:00-18:00  休/月(不定休)
 TEL.058-269-3858

||| 後記:T O P I C S |||

 第2回の季節レターは「和傘」づくしでお送りしました。

 実は、長良川おんぱくのパンフレットの表紙を、昨日撮影したのですが…なんと、今回はこちらも「和傘」がテーマです。もう、かわいくて…!ぜひ、お楽しみに♪


  ◇◆◇ 告知 ◇◆◇ 
長良川おんぱく、いよいよ今年も始まります
 ……現在、長良川おんぱくで体験プログラムを企画・開催してくださるパートナーを募集しています。企業でも個人でも、学生でも主婦でも、どなたでも。ぜひ各地で開催する説明会にお越しください。日程は長良川おんぱくの公式WEBで発表しています。
 ▷長良川おんぱく2017(秋) パートナー説明会


  ◇◆◇ 催しもの ◇◆◇
長良川デパート1周年記念、期間限定スペシャルサンクス企画
  ……6月1日で、長良川デパートは開店1周年!
 感謝の気持ちを込め、なんと目玉商品「岐阜和傘」を期間限定10%オフにいたします!

 その他、長良川デパートから誕生したオリジナル商品が大集合。
 連柿のグラノーラ、とち蜜、鵜飼懐紙などなど…。

 ▷期間:2017年6月1日(木)~6月4日(日)
 ▷場所:長良川デパート湊町店(岐阜市湊町45)

 

▷▶︎▷ 次号は「芒種(ぼうしゅ)|手しごとのものと暮らす/竹細工」の予定です。

メールでも同内容を配信しています


長良川二十四節気553編集部

カテゴリ

アーカイブ

2017年